「須磨明石」殺人事件

長篇推理

Tokuma novels

内田康夫

1992年11月30日

徳間書店

817円(税込)

小説・エッセイ / 新書

浅見光彦は憤っていた。若い女性ジャーナリストの、輝かしい未来を打ち砕いた者に対して、心の奥底から怒りがこみあげていたー。事件の発端は、前田淳子の失踪だった。大学始まって以来の才女、新聞記者として活躍する彼女が、大学の後輩・崎上由香里と別れたのは山陽電鉄須磨駅だった。それ以来、行方が知れない。淳子の上司の依頼で調査に来た浅見は、巧みな質問で由香里の記憶を引き出す。しかし、その結果得られたのは、淳子の無惨な絞殺死体だった…。真相を求めて、須磨ー明石を巡る浅見。辿り着いた意外な結末とは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください