血と夢

徳間文庫

船戸与一

1988年5月31日

徳間書店

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1981年、ドイツの寒村に男の死体が漂着したが、その死体から発見された遺書は西側情報関係者を驚愕させた。ソ連が薬莢不要の高性能自動小銃の開発に成功し、その威力を実戦で試すべく、アフガニスタンの奥地でイスラム・ゲリラと交戦中だという。米国防情報局は、発明者ワシリー・ボルコフを銃ごと拉致すべく、非合法工作員として元自衛隊陸幕一尉の壱岐一平をアフガンに送りこんだが…。本格冒険長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください