東海村原発殺人事件

徳間文庫

生田直親

1989年3月1日

徳間書店

683円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

北海道泊村で、原発を巡り漁協組合の臨時大会が開かれた。反対派の火田北甫が証人に一人の男を紹介。ところが男は窓の外に人影を認めると会場を逃げ出した。二時間後、後を追った火田が刺殺体で発見される、火田の娘で茨城県東海村の放射線研究官・斉木花野が遺体を確認して家に戻ると、何者かに部屋を荒らされていた。花野は犯人を追うがー。原発の危険性と実態を綿密な取材と筆致で抉る会心の推理巨篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください