風の墓

徳間文庫

西村望

1989年7月1日

徳間書店

512円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

秩父市内の整形外科の運転手兼雑役として勤めていた小林貢は、住み込み看護婦として雇われていた土田和子と関係ができた。モーテル、病院、車と至る所で激しい情欲の火花が飛ぶ。しかし、和子が他の男に目を向けたことから、小林は嫉妬の炎を燃やし、やがては殺意を抱く…(表題作)。飽くことなき肉欲の果てに、流され荒んでゆく男と女。哀しい愛のかたちに潜む殺意の深淵を描いた秀作四篇収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください