幻灯

徳間文庫

西村望

1990年4月1日

徳間書店

512円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ストリップ一座に所属する平野は骨折のため、妻の京子とのシロクロショーができなくなった。借金に追われ、困っていた平野は、京子が他の男とショーをやることをしぶしぶ承知する。条件は「絶対に夫婦の交わりと同じ気持になるな」だった。しかし、入院が長びき京子の見舞いの足も遠のいたある日、平野は京子のショーを見に行った。そこで見たものは…(「五目」)。性の深淵と人間心理のひだを抉る6篇収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください