シャドウゲーム

徳間文庫

大沢在昌

1991年10月1日

徳間書店

544円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

シンガーソングライターの堀河優美は、自動車会社に勤める恋人の吉川国夫を交通事故で失くした。遺品の中に「SHADOW GAME」というタイトルの一枚の楽譜があった。脱け殻のようになった優美は、音楽活動再開の新しいアルバムのためにその曲の作曲者を探し始める。そして国夫が死の二日前に会った友人を訪ねた優美は、国夫に楽譜を渡した人物がやはり事故死したことを知る。長篇サスペンス・ロマン。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.6

読みたい

0

未読

5

読書中

0

既読

9

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください