夜の視線

現代不倫妻全集2

徳間文庫

阿部牧郎

1993年6月15日

徳間書店

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

小林優子は三十三歳の人妻。子供は手を離れ商社マンの夫は出張がちの退屈な日々。夫のいない夜には女盛りの躰が火照り、欲望をもてあます。自然と指が自からを慰め…。そんな時、優子は誰かが覗ているような視線を感じた。筋向かいのマンションに住む青年らしい。期待に胸をふくらませる優子。が、電話をかけてきたのは中年の男だった(「夜の視線」)。表題作他、現代の不倫妻たちの妖しい性態を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください