目明し文吉

徳間文庫

西村望

1993年9月15日

徳間書店

598円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

犬と呼ばれる目明し稼業、もとより文吉はやくざ者だ。お上の御用に暗躍し褒美を得る一方、常に悪事を企んでいる。肚に抱えるは色と欲だ。安政五年の京。不義密通と夫殺しの罪で女が火刑に処された。刑場には女の間夫を捜す文吉の姿もあった。間夫を追い始めると、何やら反幕派浪士の臭いが。折から箒星が現れ、巷では不吉の兆とうわさされていた。戊牛の大獄の風が吹き始めていたのである。傑作時代長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください