神の岬

徳間文庫

西村寿行

1986年8月31日

徳間書店

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

産婦人科医、弁護士、会社社長らの元に、鼠の腐乱死体が送られるなど、悪質な厭がらせが続いた。誰が何のために!?荷物の差出人の女性名が、彼らの共同私有する“神の岬”を思い出させた。1年前、バイクで侵入した偏執的な若者を殴り出し、急病のその恋人を見殺しにした土地でもあった。一挙に片をつけようと若者をおびき出したのだが…。欲と業の渦に呑まれた三つの岬を描く、鬼才の三部作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください