崑崙(くろん)の王(上)

徳間文庫

夢枕獏

1991年7月1日

徳間書店

594円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

黒伏村の久我沼羊太郎の異変に気づいたのは息子夫婦だった。犬のように月に向って吠え、嫁の千絵にのしかかるのだ。犬神が憑いたー。そう信じた息子・佐一郎は犬神落としを頼むが、祈祷師・牛斎は手首を噛み砕かれ、落とし屋の聴問も歯がたたない。そして遂に悲劇が起った。羊太郎が孫の加津雄の首を切り落とし、千絵に襲いかかったのだ。そこへ、祟られ屋のミスター仙人・九十九乱蔵が現れた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください