鳴門太平記(中)

徳間文庫

富田常雄

1986年11月30日

徳間書店

598円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

五歳で超人的武技を修得した朱長八郎は、蜂須賀家嫡子・賀茂之助の“影”となって十余年。かねて我が子を世継ぎにと画策する家老・長谷川伊豆は賀茂之助謀殺を計って次々に長八郎へ刺客を放った。徳島城下を出奔、無頼の剣魔となった父・重兵衛は、平家財宝を求め、女忍者と共に印の島秘図を入手、だが秘図は半分に裂かれていた。そしてここにも長谷川伊豆一味の手が伸びた…。名作時代長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください