柳生十兵衛

徳間文庫

峰隆一郎

1989年5月31日

徳間書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

寛永三年。戦国の余燼末だ消えず、巷に主と食を求める浪人が溢れ、旗本の辻斬りが横行する江戸。柳生十兵衛三厳は父宗矩の意に背き、将軍家光の小姓を辞し浪人となる。日本を神国と信じ、剣の道を歩む者は神徒であらねばならぬとする十兵衛は、仏徒となった家光を許せなかったのだ。時に十兵衛弱冠。やがて貧しい浪人たちを集め、江戸市中に騒乱を起こすべく画策するが…。書下し本格剣豪小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

5

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください