天国野郎

女と酒とギャンブル

徳間文庫

清水一行

1991年3月1日

徳間書店

576円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

麻雀評論家として売出し中の入賀京介は、離婚した元女房・弓子のマンションに居候中の身の上。十年前、手に手をとって博多から駆落ちしてきたものの、ギャンブルと女のトラブルが度重なり、愛想をつかされた果てに三下半を突きつけられたのだ。が、そんなことではへこたれない京介、今日も自慢の巨砲と人なつこい笑顔を武器に、果敢に女に迫ってゆく。痛快エンターテイメントの決定版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください