金曜日の愉しみ

徳間文庫

富島健夫

1991年11月1日

徳間書店

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

金曜日の夜、サラリーマンの田中良雄は同僚と一杯飲んで帰宅した。部屋に入ると、ふとんの中に見知らぬ女がいた。女は、良雄の恋人紀子に連れられて来たといい、残された紀子の手紙には、あたしの友人露子を一人前の女にしてあげて、と書かれていた。良雄は一瞬とまどったが、紀子公認なら、とその気になり、露子を抱いた(表題作)。男と女の微妙な関係をエロチックに描いた傑作中短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください