武器商人

徳間文庫

高橋義夫(小説家)

1992年4月30日

徳間書店

512円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1868年5月、横浜の貿易商人・海屋栄三郎は、東北一帯の市場占有を計るプロシア商人のエドワルド・シュネルに付いて新潟へ赴いた。その夏、同行のシュネル商館のにわか番頭・川上慎五郎が行方不明になった末、斬殺体で発見された。後追いしようとした妻の菊江をおしとどめ、栄三郎は事件究明に乗り出すが…。幕末から明治へ、混迷の時流に弄ばれながら生きた男を描く新直木賞作家の歴史ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください