地球連邦の興亡(2)

長篇未来戦記

Tokuma novels

佐藤大輔

1997年8月31日

徳間書店

859円(税込)

小説・エッセイ / 新書

第一次オリオン大戦終結後のつかの間の休息を経て、アウラ進攻戦の二人の“英雄”、N-3星系防衛省事務次官補永井景明と地球連邦宇宙軍少佐南郷一之は、機を同じくして惑星リェータに降り立った。F型主系列星ノヴァヤ・ロージナ星系に属するこの惑星では、地球連邦政府からの自治独立の気運が、爆発寸前にまでたかまっていた。そんな中、独立派の市民集会において、謎のテロ行為が発生した!爛熟の二十二世紀末、恒星間植民時代を描く、著者入魂の書下し長篇未来戦記、新境地開拓第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください