宙都(第3之書)

書下し長篇スペクタクルロマン

Tokuma novels

柴田よしき

2002年7月31日

徳間書店

880円(税込)

小説・エッセイ / 新書

幻の大陸に住むという青の一族は、人類の敵なのか?青の民と時空を共にした男は、青い鱗でおおわれ、犠牲になるらしい。阿川真知は全身を鱗でおおわれつつある暮間清治とともに、ハワイ島で危機管理委員会の加藤に捕らわれていた。一方、木梨香流は、孵化した巨大な蛾・カトカラの背に乗って自在に京都や、琵琶湖の上空に浮かぶテニアン島を行き来していた。香流の恋人でビシマの攻撃力を制御できる唯一の存在・真行寺君之の前に元妻ジュディが現れる。その狙いは?そして蠢き始めた闇の神々と神官の恐るべき罠とは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください