盗みとバラの日々

長篇ユーモア・ピカレスク

Tokuma novels

赤川次郎

2004年10月31日

徳間書店

900円(税込)

小説・エッセイ / 新書

その朝、城ノ内真琴は決意していた。学校も家族も、全てを捨てて駆け落ちするのだ。ところが、祖父の城ノ内薫と母・五月に引き止められてしまう。真琴の彼氏の畑山進は、ギャンブルの借金でヤクザに追われ、真琴と逃避行に出るつもりだった。しかし、借金の肩代わりを条件に真琴と別れるという薫の提示を呑んで、真琴を見捨てたのだ。-あれから三年、真琴は大学二年生。“城ノ内グループ”会長の薫は若い後妻・美保を迎え、彼女は公私の見境なく会社の金をほしいままにしていた。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ最新作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください