白虎村の惨劇

書下し長篇本格推理

Tokuma novels

吉村達也

2006年1月31日

徳間書店

900円(税込)

小説・エッセイ / 新書

広島の廃業した病院跡で全身に布を巻かれたミイラが見つかり、鑑定の結果、いまから七百年近く前の遺体と判明した。その正体をめぐって、学界は諸説入り乱れて紛糾するが、ちょうど同じころ、東京の赤坂にある秘密めいたSMホテルで、過激なプレイの結果とみられる、酷たらしい死が連続した。第一の死者は女子大生、第二の死者は考古学者。いずれのケースでも同伴者は姿を消していた。悲報を受けた家族は、愛娘や父親の隠された趣味に愕然となるが、考古学者が広島のミイラの鑑定作業に携わっていたことが判明してから、事件は朝比奈耕作を巻き込み、花咲村炎上の真相に通じる衝撃の展開へとつながっていく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください