黄石公の犬

闇狩り師

Tokuma novels

夢枕獏

2009年6月30日

徳間書店

942円(税込)

小説・エッセイ / 新書

一家の長、坂田順一郎が不慮の死を遂げた。順一郎は地元漁協の組合長としてダム建設に反対していたため、その利権に群がる暴力団岸又組の手によって殺されたのだー。そう確信した妻・美沙子は、占いがよくあたると評判の“犬を連れた老人”に、関係者の呪殺を依頼した。その日を境に、周囲に“二本脚で歩く犬”が出没。ダム推進派の議員や建設会社社長が相次いで犬に襲われ、命を落としていった。そして、美沙子も正気を失った状態に陥っている。順一郎の息子・広一は、事態の打開を、九十九乱蔵に託す。身長二メートル、体重一四五キロ。猫又シャモンをひきつれて妖物封じを稼業とする好漢・九十九乱蔵、今回は、山〓(き)と呼ばれる魔物と対決することになった…!!「黄石公の犬」と、旧ノベルズ版未収録の中篇「媼」を掲載。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

129

未指定

35

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください