泥棒たちの黙示録

長篇ユーモア・ピカレスク

Tokuma novels

赤川次郎

2012年12月31日

徳間書店

942円(税込)

小説・エッセイ / 新書

リストラにあってしまった四十歳の三橋智春は、真夜中の公園で途方に暮れていた。すると突然、昔の部下・宮田早千子が現われた。「手伝ってくださったら、お金になります」その日から宮田を手伝い、三橋は殺し屋となった。ある日、殺害したウエートレスが娘の亜紀の担任・工藤照代の妹と知る。悲しむ担任の先生を見た亜紀は涙をこぼし、その姿を見た三橋は愕然とする。自分の仕事に疑問を覚えたら消される!幸せな生活を守りたい!三橋の気持ちは揺れ動く。大人気“夫は泥棒、妻は刑事”シリーズ第十八弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください