矢野隆

2011年4月30日

徳間書店

1,650円(税込)

小説・エッセイ

幕末の京都。天誅と称する要人暗殺が、尊王攘夷を叫ぶ若き武士たちによって行われていた。剣の腕に覚えのある旗本の次男・水上守弥は、内偵のため江戸から派遣される。守弥の前に立ちふさがるのは、人斬り以蔵と恐れられた土佐藩の岡田以蔵。以蔵との斬戟死闘を繰り広げるなか、守弥は自分の内側に眠る「人斬り」の欲望に目ざめてしまう。このまま、自分は以蔵と同じ獣に堕ちてしまうのか。出口を見つけられずに恐れおののく守弥。一方、以蔵は守弥の大切な人たちに襲いかかる。スピード感MAXの剣戟場面は圧巻!守弥のあきらめない姿に感動。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください