生きるぼくら

原田マハ

2012年9月30日

徳間書店

1,760円(税込)

小説・エッセイ

いじめを受け、ひきこもりだった麻生人生。蓼科でひとりぐらしを続ける人生の祖母、中村真麻。対人恐怖症の中村つぼみ。田んぼから三人は前をむいて歩み始めたー。収穫のとき、それぞれの心に温もりが実る。山本周五郎賞作家が描く感動の成長小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(23

starstarstarstar 4

読みたい

7

未読

3

読書中

1

既読

110

未指定

79

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2022年01月17日

こういうのを人生の応援歌というのであろうか。お米をめぐるとっておきの物語である。 主人公は麻生人生(あそう じんせい)24歳。引きこもりの人生が復活を遂げる物語だである。いやいや、書名を見てほしい。「ぼくら」とあるではないか。蘇生するのは人生ばかりではない。父が再婚した女性の連れ子・つぼみも対人恐怖症を克服するのだった。彼ら二人の祖母マーサも認知症ながらも孤独地獄から脱するのだった。では彼らはどのようにして自分らしさを取り戻すことができたのか。それが米作りであった。なぜコメなのか。本作は日本農業新聞に連載されたものだからだ。主題は「コメ作りによって人生が変わってゆく若者の姿を描く」ことであった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください