第2捜査官

安東能明

2013年9月11日

徳間書店

1,980円(税込)

小説・エッセイ

元高校の物理教師という異色の経歴を持つ神村五郎。並外れた捜査能力から署ではナンバー2扱い。ついた呼び名が「第2捜査官」。ある日、勤務する蒲田中央署に新人刑事が赴任してきた。西尾美加ーなんと神村の元教え子だ。ドメスティック・バイオレンスに耐えきれず夫を刺した佐竹朋子が、取り調べを担当した神村の同僚・樽井とともに忽然と取調室から姿を消した。数日後、二人は死体で発見される。死因は青酸カリによる毒死。心中か?それともー。元教師とその教え子、異色の迷コンビが事件に挑む長篇警察小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.33

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

35

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください