文芸書

伊岡瞬

2016年11月22日

徳間書店

1,980円(税込)

小説・エッセイ

真壁を引き止めるかのように、奥多摩分署管内で連続美女冷凍殺人事件が発生。浮き足立つ署員たちの中で、ひときわ動揺している刑事がいた。二週間後、妻の命日を機に辞職すると決めている真壁修だ。被害者の左胸にあった木の葉のような印。それが、在りし日の妻の左胸にあった痣と酷似していたのだ。妻を殺した犯人は、死んだはずだった…。なぜ犯人は、俺を挑発するのかー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

7

未読

3

読書中

0

既読

61

未指定

53

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください