天童駒殺人事件

徳間文庫

中町信

1993年10月31日

徳間書店

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

出版社を辞めて現在、推理小説作家で素人探偵の氏家周一郎。妻の早苗は夕食の支度もほっぽらかしてスナックのカラオケ教室通いだ。妻はカラオケ仲間の親睦旅行で、将棋の駒で有名な天童温泉に出掛けた。ところがメンバーの一人、長門美江が旅館の部屋で、二人組の男に襲われ心臓発作で死亡。四十九日の法要に美江の郷里天童に赴いた氏家夫妻は、またもや仲間の一人が旅館で撲殺されたことを知る。本格推理。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください