政界無頼

徳間文庫

大下英治

1994年12月15日

徳間書店

683円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

地下経済に流れる黒い金。多くは割引金融債の形で隠匿されている。『週刊文化』のライター阿久津龍彦は黒い金の流れを追い、情報源の代議士勝山信隆に迫るが、逆に裏切られ強要罪で逮捕されてしまう。専属ライターから解雇された阿久津は、広告を掲載せず、政財界のスキャンダルを暴く『週刊ターゲット』の創刊に参加する。阿久津の執拗な地下経済への追及が始まった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください