落城無残

徳間文庫

南条範夫

1995年5月15日

徳間書店

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

主君北条氏政に謹慎を仰せつかった身でもあるにも拘わらず、女と酒を求めて歩くようになった新六郎は、料亭の娘早苗と男女の仲にー。時を経て、赦免された新六郎は、彼女を側室として引きとった。周囲の評判も良い早苗だったが、秀吉の小田原城攻めが始まる直前、墓参に出掛けた2人の前に老人が現れてからというもの、俄に挙動が怪しくなってきた…『小田原城』他4篇収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください