新・人間の証明(上)

徳間文庫

森村誠一

1995年11月15日

徳間書店

619円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

中国人女性通訳・楊君里は、深夜タクシーの中で突然苦しみだし死亡した。彼女は戦時中、離別した日本人の夫と子供を訪ねて滞日していた。捜査にあたった棟居刑事は、残された1個のレモンと遺品の小説集の一節「生体を裂きしメスにて檸檬割る」から、戦時陸軍の少年見習技術員だったという作家をマークする。彼は満州の細菌兵器研究機関・第731部隊の隊員だった。戦慄すべき現代史の闇を抉る問題作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください