修羅場の人間学

実録安藤組外伝

徳間文庫

森田雅

1995年12月15日

徳間書店

533円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「ことの理非で決着のつかない交渉事で、最後に天秤を動かすのは、どちらがより多く捨てられるかである。すべてを捨てられる者が勝つ」力道山狙撃未遂事件やテキ屋集団との抗争、自らが館長を務める鹿島神流道場のことなど、敗戦の渋谷・闇市からのし上がった学生武闘集団・安藤組の別働隊長として、幾多の修羅場に命を張った著者が、鮮烈な武闘人生を赤裸々に語る。ビジネスマン必読の喧嘩の仕方。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください