鳥啼村の惨劇

徳間文庫

吉村達也

1995年12月31日

徳間書店

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

推理作家・朝比奈耕作の作品をドラマ化する話が持ち込まれた。原作との違いに態度を硬化させた朝比奈だったが、ロケ先を聞いたとたん顔色を変えた。舞台は伊豆諸島最南端・青ヶ島。そこには深い緑に囲まれた鳥啼村があった。父・耕之介の残した四行詩が次なる事件を暗示する。「惨劇の村」シリーズ第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください