東京の優しい掟

徳間文庫

佐藤大輔

1996年3月15日

徳間書店

533円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

その日の朝、一等陸佐の許に届けられたのは、かつて彼の上官だった退役陸将補の死を告げる省内通信であった。葬儀に出席した彼は、参列している情報関係者の不審な態度から、老人の死に彼らが関与していたことを直感する。時を追うごとに膨らむ不安ー。保全部が音も無く調査を開始、さらに防衛庁内でもその実態が知られていない対敵諜報部門が動き出したことで、それは確信へと変わっていく。書下し長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください