最後の惨劇

徳間文庫

吉村達也

1996年3月31日

徳間書店

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

観光客で賑わう京都・天竜寺。後醍醐天皇の怨霊を恐れて足利尊氏が建立した寺の境内で、満開の枝垂れ桜の下、一人の老紳士が殺された。「決して…信じては…いけない」犯罪心理学者・尾車泰之教授が推理作家・朝比奈耕作に残した最期の言葉だった。四つの惨劇を結ぶ糸が、大きなうねりとなって朝比奈に襲いかかる。いま明かされるすべての事件の真相とは。五カ月連続刊行「惨劇の村」シリーズ完結篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください