バスが来ない

徳間文庫

清水義範

1997年5月31日

徳間書店

544円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

彼はバス停でバスを待っていた。そしてもう五分も虚しく待ち続けている。先客が一人いたというのが、判断ミスの原因だったのだろうか。乗るのは地下鉄の駅まで区間にして三つ、ほんの四,五分である。もし歩けば十五分。つまり、すぐにバスが来れば早く駅に着けるのだが、十分以上待たされるならば失敗ということになる。時刻表は当てにならない。考えるうちにイライラはつのり…(表題作)。抱腹絶倒の傑作集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください