霧の証言

弁護士朝吹里矢子

徳間文庫

夏樹静子

1997年12月15日

徳間書店

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

藪原法律事務所の居候弁護士となって五年、朝吹里矢子はようやく独立し、自分だけの事務所を構えることになった。記念すべき最初の依頼人は高校時代の同級生・藤巻朗だった。経営不振に陥った彼にゴルフの賭金の取り立てを頼まれるが、それは法的には無理。そして数日後、相手の男が殺され、藤巻に嫌疑がかかる…。自分は無実だと泣きつかれ調査を開始した里矢子の推理が冴える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください