秋好事件

徳間文庫

島田荘司

1999年2月15日

徳間書店

1,320円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

昭和五十一年六月、福岡県飯塚市で起きた、一家四人殺害事件。内縁の妻の家族を殺めた容疑で逮捕された秋好英明は、冤罪を訴えるも、最高裁で死刑が確定し、現在、再審請求中である…。本格ミステリーの鬼才の筆は、英明が「犯罪」を犯すに至る過程を克明に描ききることで、日本人にとっての「昭和」の意味を読者に改めて問いかける。島田荘司入魂のノンフィクション・ノベル超大作、遂に文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

5

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください