戦艦大和の建造

徳間文庫

御田重宝

1999年8月31日

徳間書店

586円(税込)

科学・技術 / 文庫

戦艦大和は様々な神話に彩られている。本書はその建造に的をしぼり、造船専門家の詳細な書とは異なる視点から、“人間の記録”として執筆された。そもそもが、日米海戦を想定して企画された大和であり、46センチ砲をはじめ、新機軸やアイデアが盛り込まれた。それに現場での工夫をくわえ、戦艦という形にしていったのは、工員、技手といった技術者たちである。補遺として、戦後の技術者たちの動向を付す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください