アジア迷走紀行

徳間文庫

下川裕治

2001年6月30日

徳間書店

565円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

二十世紀末、アジアはめざましい発展をとげた。貧困と売春ーかつての日本人が抱いていたイメージは次第に薄れ、気軽に出かけられる楽園として日本に近づいてきた。日本人の若者たちは気構えることもなく、無防備にアジアの風に乗る。「ここ、楽ですよ」彼らは一様にそう言う。確かにアジアで暮らすことは楽だ。だが、何か違うような気がするー。アジアを綴ってきた第一人者が自らの旅を振り返る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください