透明な遺書

徳間文庫

内田康夫

2002年2月28日

徳間書店

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「旅と歴史」藤田編集長の旧友、清野林太郎の死体が福島県喜多方市の山中で発見された。排ガスを密室状態の車に引き込んでおり、警察は自殺と断定。しかし娘の翠は、父親の自殺がどうしても信じられずに、他殺だと主張する。手がかりは車中に遺された、封筒だけで中身は空の奇妙な遺書。翠とともに死者のメッセージを追う浅見光彦は、思いがけない巨悪に立ち向かうこととなるー。迫真の長篇ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.25

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

9

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください