朱印!

古着屋総兵衛影始末

徳間文庫

佐伯泰英

2002年6月30日

徳間書店

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

亡霊のように現れた赤備えの騎馬軍団ー。柳沢吉保の川越から甲府への転封を先導したのは、甲斐武田の武川衆であった。さらに、甲府では新たな金山開発も噂され、将軍綱吉亡き後の布石として、宿敵・柳沢勢がまたもよからぬ企みを画策かと、大黒屋総兵衛が秘かに探索の手を伸ばしたところ、将軍家の存続を揺るがす謀略が…!徳川家安泰に身命を賭してきた鳶沢一族六代目の秘剣落花流水剣がうなる

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください