幕末一撃必殺隊

徳間文庫

永井義男

2002年9月30日

徳間書店

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

慶応三年、将軍慶喜は大政奉還を奏上した。しかし、あくまで武力による討幕を目指す西郷隆盛は、幕府を挑発して全面戦争に誘い込む謀略を練った。薩邸浪士隊に江戸で擾乱をおこさせたのだ。西郷の意図を見抜いた勝海舟は、フランス軍事顧問団のシャノワーヌと面談した折、耳にした「外人部隊」に想を得て、隠密裏の短期訓練で強力な治安部隊の創設を企てた。屈強な農民たちが集められ…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください