睡魔のいる夏

徳間文庫

筒井康隆

2002年11月30日

徳間書店

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

私は自分の脈を調べた。乱調子で頼りなく、非常にゆっくりと打っていた。さっきのあれは、花火なんかじゃなかった。新型の爆弾だったんだ。少しずつ眠くなってきた…。迫り来る“死”を淡々と迎える男たちを描く表題作ほか、英雄の帰還をノスタルジックに活写する「わが良き狼」、愛車との切ない別れが胸に迫る「お紺昇天」、初期の本格SF「幻想の未来」など、感涙のロマンチック小説十一篇を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください