壮心の夢

徳間文庫

火坂雅志

2003年1月31日

徳間書店

838円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

戦国とは、壮心、すなわち胸に野望を抱いた者たちの時代であった。尾張の農民の小せがれが、天下の支配者になるまで駆けのぼる世の中である。その男ー豊臣秀吉のまわりには、かれの出世とともに、野心を持った多くの異才たちが群れ集まってきた(あとがきより)。天下人・豊臣秀吉の武将として、戦雲たなびく戦国乱世を疾駆した、漢たちの滾る野心を、余すところなく描きつくした珠玉の歴史短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください