佐賀のがばいばあちゃん

徳間文庫

島田洋七

2004年1月31日

徳間書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

昭和三十三年、広島から佐賀の田舎に預けられた八歳の昭広。そこでは厳しい戦後を七人の子供を抱えて生き抜いたがばい(すごい)祖母との貧乏生活が待っていた。しかし家にはいつも笑いが溢れ…。黒柳徹子、ビートたけしも感動した超話題作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

5

未読

6

読書中

0

既読

85

未指定

196

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

島田洋七「佐賀のがばいばあちゃん」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年03月24日

1年以上積読。売る

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください