狐舞い

神田ひぐらし堂事件草紙

徳間文庫

鎌田樹

2008年6月30日

徳間書店

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

見習のころから数多くの手柄を立て、なんなく定町廻同心を継げるはずが、なぜだか父に反対され、いまでは戯作修業をしている九十九多聞。家督を弟に譲り、御書物處ひぐらし堂に移り住むことになったとはいえ、店の娘さくらとほのかな恋もめばえそう…。執筆のかたわら手がける揉めごとも、持ち前の勘働きと剣の腕で、電光石火に一件落着。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください