銀嶺の鶴

のらくら同心手控帳

徳間文庫

瀬川貴一郎

2008年10月31日

徳間書店

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「殺されたのは水茶屋の女中お時、殺したのはお時に入れ上げていた陶物師の賢吉!」飛び込んできた下っ引源三の報せに、夏絵や金次らと煤払い後の酒を愉しんでいた雪之介は重たい腰を上げた。武家屋敷ばかりで、隠れる場所のない町へ逃げ込んだ賢吉が身を潜めたのは一体何処なのか?のらりくらりの独り身同心が、情けの刃で悪巧みを一刀両断。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください