蛍火の里

のらくら同心手控帳

徳間文庫

瀬川貴一郎

2009年1月31日

徳間書店

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

五年前に姿をくらました盗人権三が、今度は信州でそば屋を殺して、江戸に戻ってきたらしい。もとの大工の腕を生かし、指物師や木地師などをしていると雪之介は睨むが、なんの手がかりも得られない。ようやく、信州まで探索に行っていた金次が、そば屋には娘がいたことを突きとめたが、今は行方知れずだという…権三と娘は繁がりがあるのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください