山陰の家

のらくら同心手控帳

徳間文庫

瀬川貴一郎

2010年1月31日

徳間書店

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

与力前島兵助の粋なはからいで、岡っ引きの金次夫婦と熱海まで遊びにきた雨宮雪之介。新妻の夏絵と連れ立って、近くの神社まで散歩へ出た道すがら、歌麿の浮世絵から抜け出してきたような美人とすれ違った。ふと何かが鼻を打った感じがしたものの、大して気にも留めなかった雪之介だったが、何気なく足を向けた本殿奥に伸びる楠の根方に、包丁で胸を刺されて死んでいる若い女を見つけ…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください