ふたり道

父子十手捕物日記

徳間文庫

鈴木英治

2010年11月30日

徳間書店

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

茶を商っている砂栖賀屋が押し込みにはいられたと報せがあったー。多くの家人や奉公人らの変わり果てた姿に、必ず犯人をつかまえると、意を決した文之介と勇七。鉄板が貼りつけられた蔵の扉が、四つに斬り割られているのを目の当たりにした文之介は、そこでおしろいのにおいを嗅ぎ、けた外れの女の遣い手ではないかと疑うが…。一方、丈右衛門には、なんと赤ん坊ができたらしい。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

5

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください