華の下にて

徳間文庫

内田康夫

2012年2月29日

徳間書店

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「京都の国際生花シンポジウムで何か面白いことが起きる」そう話していたルポライターが小さな橋の下で死体となって発見された。一方、独立派ともいえる生花芸術を創造している牧原良毅が「家元制度廃止論」発言。彼の秘書も殺されてしまう。ふたつの事件に潜む謎とは?華やかさの裏側にある男と女、親と子の愛憎が渦巻く事件を浅見光彦が読み解く。繊細で美しい長篇ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください